2017年9月27日水曜日

255. 東京・根岸の子規庵

「アカシア紀行・俳句」2017年9月24日(日)    前へ 

  秋彼岸の好天の日曜日、長男夫婦の招きで、東京・開成高校の文化祭を訪ねました。
参観する前に時間があったので、高校の南の鶯谷から北へ歩いて10分位の
子規庵を訪ねました。

 子規庵は、正岡子規が明治27年2月から母、妹の律と、明治35年9月19日亡くなるまで
住み、その後昭和20年4月の空襲で焼けた家を、寒川鼠骨氏他が昭和25年復元したもので、今は東京都指定史跡となっています。

 奈良を6時に出て、東京駅に9時半、鶯谷に着いたのは10時前だったので、
開館の10時半まで時間があり、近くの中村不折家跡、西側の陸羯南(くがかつなん)家跡、
森鴎外家跡などを探しました。書道博物館になっている中村不折家跡以外は
案内板がなく、このあたりとしかわからなかったですが。

 子規庵は間口奥行とも約7間(14メートル)ほどで、入り口(北側)は、
書道博物館の南です。玄関の前には白く細い花びらの朝顔の鉢がありました。

 入庵料500円を納めて、ビニール袋に靴を入れて、座敷に上がりました。
すでに20人位の人が展示の絵や写真、仕込み杖などを見ており、庭に向かって左側には
子規が使っていた机がありました。机は子規の左足が曲がらなかったので、
立膝で座れるよう、15センチ四方位の切り込みがありました。

 庭に出ると、絶句となった「糸瓜咲いて痰のつまりし仏かな」などにある、
糸瓜棚(ヘチマ)があり、8個位はぶら下がっています。
その前には有名な「鶏頭の十四五本もありぬべし」の 鶏頭が20本以上咲いており、
萩、女郎花など色々な秋の花が咲いていました。

 庭には間口4メートルほどの文庫蔵がありますが、このおかげで貴重な、
作品や遺品が空襲からまぬがれたとのことです。

       子規庵の庭は狭しや女郎花    常朝

       切れ込みの机より見る糸瓜かな  常朝

                 (子規庵玄関:クリックで拡大:以後同じ)
                 (子規庵)
               (子規庵説明板)
                (子規庵の庭)
                (八畳と縁側)
                (子規文庫蔵)


 その後、鶯谷から山手線・日暮里駅で降り、子規が好きだったという
羽二重団子を買い、西日暮里の高校の文化祭にいきました。

 文化祭では、100ほどの教室や会場に分かれたパフォーマンスや展示説明などがありますが、
我々は折り紙室、生物学室、カジノ室などを見学、カジノ室では、
ルーレット、ブラックジャック、ポーカーで遊びました。
もらった100点分位のコインは結局全部まきあげられましたが、
高校とは思えないほど良く練られて準備された文化祭でした。

 夜は鶯谷の「笹の雪」で子規が好んだという豆腐料理、あんかけ豆腐などをいただきました。

 翌日は、歌舞伎座の一幕見席で「毛谷村」を見て、近くのインドカレー店「ナイル」で
ムルギーランチをいただいた後、子規が

      藪蕎麦に菊の膾はなかりけり 

と詠んだ藪蕎麦を、神田淡路町でいただいて、奈良に帰りました。

                (開成文化祭の入口)
                (文化祭の人の群)
                (笹の雪:鶯谷)
                (藪蕎麦の店:神田淡路町)

 長男夫婦と孫のおかげで、よく練られた秋の高校文化祭を参観でき、
運良く子規を偲ぶ小旅行ができました。

2017年9月14日木曜日

254. 奈良・平群の白山神社から普門院跡

「アカシア紀行・俳句」2017年97月13日(水)    前へ   次へ

  奈良地方の集中雨の翌日の快晴の日、いつものメンバー4人で奈良・平群の白山神社などを
訪ねました。
ここは4年前と3年前、メンバー6人で訪ねました。 (アカシア紀行198
 
 白山神社は、平安時代、法隆寺の高僧、道詮律師が隠居された地で、
当時は富貴寺という60坊もある大寺だったそうです。

 説明板によると、神社は富貴寺の神宮寺で、明治の初め神仏分離で独立し、
付近の39社神を合祀し富貴地区全体の氏神となったようです。

 周辺は富貴寺の跡で、弘法大師と親交があつかった道詮律師は伝燈大師として
南都七大寺の僧綱(そうごう:僧正など僧尼の管理職)を兼ね、法隆寺夢殿を再建し、
隠居後は富貴寺から法隆寺へ夏季百ヶ日の三経の講義のため往来されたとのこと。
今も奈良県俳人協会では秋に平群俳句の集いで道詮献句会などを開催しています。

 我々が11時ころ着いた駐車場のそばの田には、今年も沢山の水葵が紫の花を
つけていました。参道右には大きなビニールハウスができています。
石段の左の土手には今年初めての彼岸花が一茎咲いていました。

 前回同様、我々は境内を散策、拝殿と弥勒堂、奥の森の中の道詮律師の墓を
訪ね参拝しました。
墓への道は太さ5センチ以上の走り根が伸びていて、根の間の狭い土を
踏んで参拝しました。

       道詮の隠居の谷に水葵     常朝

       平群谷に初彼岸花雨上がり   常朝

               (白山神社:クリックで拡大:以後同じ)          
               (神社の説明板)
               (神社の下の田の水葵)
               (白山神社の拝殿)
              &nbsp(神社の右の池)
               (道詮律師の墓)

 社務所の裏の柿の木には柿が少し色づいていました。
右手の池には葛の花が散り、四阿(あずまや)の屋根の笠は破れていましたが、
木立の下、涼しい風が谷から吹いてきました。

 その後、以前にも訪ねた神社の北側の普門院跡を訪ねました。
普門院は福貴寺の塔頭のひとつで、道詮師の住居であったそうです。
 いまは5台分くらいの駐車場に小さな門、句碑、金網で囲まれた寺跡草地が
あるだけです。
金網の中には、以前あった柿の木がなくなっていましたが、
小さな石塔と大きな槙の木があり、大きな蝋梅の木が実をつけていました。
金網には自然薯の蔓が青い葉と零余子(むかご)をつけていました。

       坊跡に石塔ひとつ法師鳴く    常朝

       坊跡の金網伝ふ零余子採る    常朝

              &nbsp (普門院跡)          
              &nbsp (普門院跡説明板)

 その後普門院跡から坂を下りて、交番の西の多良福で昼食をいただき、
奈良へ戻って解散しました。
途中、平群の小菊が咲いているかと道端の畑を見ましたが、まだ花は見えませんでした。
日が当たるとまだ真夏のような暑さですが、木陰などでは涼しい風もあり、
歴史のある平群の初秋を楽しむことができました。

2017年7月25日火曜日

253. 奈良・着せ替え地蔵の地蔵盆

「アカシア紀行・俳句」2017年7月23日(日)    前へ  次へ

  4、5日続いた猛暑のあとの日、奈良・伝香寺の地蔵盆にメンバー4人で参列しました。
 
 伝香寺は、奈良時代鑑真和上の弟子思託(したく)律師が771年に開いた寺を、1585年奈良の大名筒井順慶(じゅんけい)の母がその菩提を弔うために復興し、その後筒井氏の菩提寺となったとのことです。JR奈良駅の東500メートルほど、率川神社の南にある律宗の寺で、奈良三名椿の一つ「散り椿」と「はだか地蔵」で有名です。

 我々が寺のすぐ北側の駐車場に着いたのは午後3時すぎですが、入山料300円を納めて
山門から入ると奥の境内に幼稚園があり、盆踊りの櫓から提灯が掛けられていました。
いくつかの大きな鉢に蓮の花が咲き、青い実もありました。

 北門を入って左には弁財天のお堂があり、南側に筒井家の五輪塔などと順慶堂があります。順慶堂には僧形の順慶法印座像が祀られています。

 右手には大きな散り椿(武士椿)があり、下に大阪城から移設されたという大きな礎石が
あります。奥には中世の供養石仏や瓦焼きの涅槃図が置いてありました。

       幼稚園見ゆる山門蓮の花      常朝

        (散り椿説明板:クリックで拡大、以下同じ)
    (順慶堂の法印像)
    (本堂の地蔵像)
    (本堂内の地蔵と釈迦如来像)
    (瓦の涅槃像と供養石仏)

 突き当りを右へ折れると五間四方位の本堂で、まだ参列者は20人位でしたが、
4時からの法要を待って坐っていたので、我々も椅子をお借りして座りました。

 本堂の正面は釈迦如来像ですが、その前に、地蔵盆の期間中のみ、左手(西)の
地蔵堂から移された地蔵像が置かれてあります。
高さ1,5メートル位の御像ですが、背中に立派な光背があり右手に錫杖を持って
緑衣に黄色の袈裟を掛けて、気品のある地蔵様です。

 4時になると住職のご子息らしい小学生の男子が住職の指導を受けて、
お像の前の香盤に線香を数本並べました。

 耳が痛くなる程の鉦の音で、法要がはじまりました。
鉦が鳴っても他の僧侶が本堂に来ないので、住職は「来ませんね」などと
言って参列者を笑わせていました。
そのうち、住職および住職の父上らしい方と合わせて4人の僧侶が揃い、
本堂東側に座られ、読経が始まるとすぐ住職ともう一人の僧が立ち上がり、
地蔵様の着せ替えを始めました。

 撮影許可ということで、着せ替えの途中何度かお像の前を開けて、
写真を取りやすくしてくれました。

 30分位で着せ替えが終わり、緑衣から美しい橙色の衣になりました。
はだか地蔵なので、下着である下裳(したも)を替えるときも、
下半身が見えないように、二重に重ねてから、手際よく元の下裳をはずしていました。
地蔵様は男性でしょうか女性でしょうか。
 着せ替えが終わってから参列者(60~70人)が順次地蔵様にお参りして、
お守り(有料ですが)をいただいたりしました。
解散後も住職は本堂に坐り、参拝に来る親子連れや子供達に丁寧に、合掌の仕方などを
教え、御札を渡したりしていました。

       参列者笑わす僧も地蔵盆     常朝

       はだか地蔵着せ替ふ二僧汗拭ふ  常朝

        (地蔵堂と蓮の花)
    (着せ替え前の地蔵様)       
    (着せ替え中の地蔵様)
    (はだか地蔵)
    (着せ替え後の地蔵様)

 5時前に本堂を出て、順慶堂の前でしばらく待って、いさがわ幼稚園の盆踊りを見ました。
幼稚園ではかき氷や、焼きそば、団子などのバザーもあり、浴衣姿の園児達が
盆踊りの櫓に登って、写真を撮ったり遊んだりしていました。
6時頃、100人位の園児が櫓の周囲に丸く並んで、地蔵音頭(?)の音楽に合わせて
踊りました。途中の掛け声はとても元気で、見ている大人達も元気づけられました。

       園児らの掛け声空へ盆踊り     常朝

        (いさがわ幼稚園の盆踊り会場)       
    (盆踊りの園児達)

 その後、夕食でもと三条通りのワシントンホテルへ移動しましたが、
あいにくレストランは全席予約で、やむなくガストで夕食をいただき7時過ぎ解散しました。
 すでに夏土用ですが、開け放たれた本堂の縁には時々良い風が届き、
子供達のダンス付きの珍しい地蔵盆でした。

2017年6月29日木曜日

252. 奈良・橿原のすもも荒神祭

「アカシア紀行・俳句」2017年6月28日(水)    前へ  次へ 

  梅雨晴れ間の日、奈良・橿原市「すもも荒神」祭をいつものメンバー6人で訪ねました。
 
 すもも荒神は、橿原市今井町の北・小網町に古くから伝わる「荒神」を祀る祭で、
橿原市では、一番最初の夏祭です。
荒神様は三宝荒神ともいい「仏法僧」の三宝を守る三面六臂の神で、火の神、かまどの神と
なり、水神様と共に昔から台所の神様です。

 この荒神様は、橿原市のホームページによると、大昔飛鳥川の大洪水に残されたこの地に
見つかった木彫りの荒神像を、小網町の人たちが霊験あらたかなご神体として祀り、
今は2メートル四方位の小さなお堂に祀られています。

 我々は橿原市の169号線沿いのレストラン「さと」橿原北店に4時半頃集合し、
そこからタクシーで会場のある八木西口駅の西側の奈良建設会館前まで行きましたが、
タクシー運転手のだれも「すもも荒神」祭は知りませんでした。

 会場につくと建設会館前の道路の両側に20位の屋台(干し店)があり、
浴衣の子供達が親たちにキャンデイーなどを買ってもらい、うれしそうな顔で元気な声を
出していました。

 お堂前のテントには地元小網町でしょうか、20人位の浴衣姿の男女が集まり、
団扇を使いながら開会を待っていました。
午後5時頃神主が見えて、荒神祭が始まりました。

 地元の祭なので、特に笛や太鼓はなく、神主のお祓いで静かに始まりました。
祝詞の前には神主は汗を拭いていました。
祝詞のあと、いっせいに二礼二拍手の拝礼と代表2名による玉串奉奠があり、
20分位で式は終わりました。

 あとでお参りついでにお堂の祭壇を拝見すると、いくつかの果物の中に
見事な赤紫の「すもも」が脚付きの盆に盛られていました。

 お堂の裏側の川べりに行くと、参加した浴衣の女性たちがテントの下で、
川風に吹かれながら冷茶などで直会(?)をしていました。

 道路の西側に小網町の池があり、金網に囲まれた土手の一部に羊3匹が草を食べていました。
「ひつじさんの草刈り」という旗が風に揺れていました。

 黄色い金鵄橋の西側でタクシーを待つ間、南側の赤い蘇武橋(そぶ)に行くと、
樹齢420年の榎が青葉を茂らせていました。

       荒神へ揃ひの浴衣拍手せり     常朝

       荒神に供ふ見事なすもも盛る   常朝

       畦草食む羊ら見ゆる荒神祭    常朝

        (荒神お堂:クリックで拡大、以下同じ)       
    (すもも荒神の屋台)
    (荒神祭参列者)
    (荒神様祭壇)
    (お下りをもらった子供達)
    (草刈りをする羊さん)
    (ひつじさんの草刈りの旗)
    (小網町の池)

 6時頃タクシー2台で橿原の「さと」に戻り、6人で夕食をいただいて解散しました。
梅雨晴間の天気で日差は暑いくらいでしたが、飛鳥川の川風もあって、
久しぶりに6人で今年最初の夏祭りを楽しむことができました。

2017年6月6日火曜日

251. 奈良・丹生川上神社中社の水神祭

「アカシア紀行・俳句」2017年6月4日(日)    前へ   次へ

  梅雨前の爽やかな日、奈良・東吉野の水神祭に参加・拝見するために、
いつものメンバー3人で丹生川上神社中社を訪ねました。(参照:アカシア紀行226

 水神祭は、神社の祭神である水神「ミズハノメ:罔象女神」に感謝、事業の発展、繁栄、
豊水を祈願する祭です。
丹生川上神社は上社、中社、下社と3つあり、中社は東吉野村の小(おむら)地区に、
上社は川上村の大滝ダムの南岸の上に、下社は下市町の丹生地区にあります。

 我々が神社に着いた9時半頃は、まだ車が2,30台程が境内に駐車していただけ
でしたすが、祭が始まる10時半頃には、約50台が境内や道路に駐車するほどでした。
参列者は礼服を着た会社員らしき人が多く、水に関連した電力会社、電機会社などのようでした。
 拝殿には200席以上の椅子が並べられ、祭壇には酒や供物が置かれており、
柱には大きな旙が掛けられていました。

 式まで時間があったので、境内を散策し、茨木和生先生や原石鼎の句碑を拝見したり、
句碑にある衝羽根の木や朴の木を見ました。
衝羽根の青葉には薄緑の十字形の苞が付いていました。
中心の花は小さくて見えませんが、秋になるとその裏側に衝羽根の実がつくのでしょう。
また境内の走り根にはけやきの若葉が数十枚付いていました、

 そのうち、神馬の白馬と黒馬が境内に来ました。白馬は男性、子馬のような黒馬は女性が手綱を引いています。黒馬は眠そうだったので、女性は黒馬に境内をぐるぐる回らせていました。

 10時半頃、拝殿の椅子は満席になり、太鼓の音で水神祭が始まりました。
拝殿左の榊の木の前に置かれたお祓台で神主と4人の神官が順次お祓いをして、
へぎ板の小桶に榊の葉を入れて拝殿へ運びました。

 楽人5人による雅楽が流れる中、式が進んで二頭の神馬が拝殿の前に並んで、
神主が水神への祝詞を上げました。その後拝殿で舞楽・納曽利(のそり)が一人の舞人に
よって奉納されたあと、参列者の玉串奉奠が続き、12時頃水神祭が終わりました。
納曽利の面は下顎が紐で吊り下げられており、すき間から舞人の目が見えていました。
舞衣装を脱いで楽人にもどると、きりりとした若者でした。

       納曽利舞ふ人は若人水神祭     常朝

       狭き空雲の流れて水神祭     常朝

        (丹生川上神社中社拝殿:クリックで拡大、以下同じ)
    (衝羽根の十字の苞)
    (祓戸の台)
    (お祓いをする神官)
    (神馬)
    (納曽利の舞人)

 解散後神社の東の「東の滝」まで歩いて、その滝壺の淵「夢淵(ゆめのわた)」を見ました。
滝は高さ5メートル位ですが、2本の滝水が岩に当たって交差する珍しい光景です。
夢淵は、神武天皇が東征の折、この淵に厳瓮(いつべ)を沈めて、天神地祇(てんじんちぎ)を敬祭せよとの天神の夢の訓(おしえ)があったことに因むようです。
直径5メートル位の淵ですが深くて底は見えません。
下流の石川原では河鹿の声が聞こえ、若者たちがバーベキューの準備をしていました。

 帰りに「魚見の石」を見ようと、社務所で教えてもらった小(おむら)集落の説明板を
見ましたが、石は夢淵の近くにあったらしいですが、標識が何度も洪水で流されて、
今はその説明板のみらしいです。

 鷲家口のレストラン「あしびき」で昼食をいただいたあと、北側約100メートルの
八幡神社の桂信子の句碑を見ました。

 八幡神社は檜皮葺の屋根と朱塗りの塀が美しい神社ですが、すべての屋根と門に
菖蒲が葺かれていました。旧暦の節句だそうです。

       滝水の切り結びをり夢の淵     常朝

       河鹿鳴く川瀬に光あふれゐて   常朝

       伊勢みちの句碑ある社菖蒲葺く  常朝

        (東の滝への橋)       
    (東の滝)
    (夢淵)
    (魚見石の説明板)
    (鷲家の八幡神社)
    (桂信子の句碑 おのづから伊勢みちとなる夏木立)
    (鷲家八幡年中行事)

 その後は来た道と同じく、166号線の佐倉峠、大宇陀町、165号線女寄峠を通って、
橿原神宮駅に戻り解散しました。
2年ぶりの東吉野村でしたが、爽やかな青葉の風に恵まれた一日でした。